ポケモン ブログ|わさび's Blog Pokemorning!

日々のポケモン活動記をはじめ、ツレヅレなるままに綴ります (OPEN 2009.11.28)


【ポケモン Official News! www.facebook.com/pokemon.jp ※増田順一氏に報告済み】

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

いつも いっしょに いたいから|ポケモン映画2017

2017年夏、いよいよポケモンの夏が始まりました!
この時期恒例、さっそく「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を初日鑑賞してきました。

ということで、休止中ではありますが、いろいろな感慨深さに触発されてブログを認めることにします。


『キミにきめた』。
過去の劇場版長編作品とは少々趣が異なり、アニメ20thのアニバーサリーといった集大成な位置づけ。
サトシのマサラタウンからの旅立ちにはじまり、初のポケモンゲットから道中に出会う仲間やライバルとの様子が、長編作品としてまとめられています。

舞台設定は、主に『金・銀』といった感じ。
販促ポスターに描かれているとおり、伝説のポケモン「ホウオウ」との遭遇を目指すストーリー。
初期からのおなじみのポケモンをはじめ、アローラポケモンも顔を出します。
ピカチュウとの出会い、仲間やライバル、そしてポケモンそのものとの“絆”が、作品の随所に“プチ感動”として散りばめられ、なかなかにグイ、グイっと引きこまれます。

話の展開やテンポは非常にいい反面、長編のオリジナル感は薄くなっています。
ややもすると、テレビアニメのあらすじをストーリー化したように感じるかもしれません。
それでも、往年のファンとしては“そこ”がもっとも楽しめる要素でもあります。
個人的には、道中に出会う旅仲間の男役には、タケシを起用してほしかったな、と途中で思いましたが、でも、キャラクターが強すぎて今作には合わないかも、と、見終わっての感じ方。

マーシャドー。
本作に登場する幻のポケモンで、鑑賞特典として、ポケモン配信されています。
このポケモン、ゲームデータが先ではなく、映画のストーリーから生み出したポケモンですよね?
鑑賞していると、そんな気がしてなりません。
ここ数年、そのような幻のポケモンが多いですよね、フーパやボルケニオン、マギアナなども。
作中でのマーシャドーは、ストーリー演出の根底部分ではありますが、やや浮いているかな、と。
ロングなテレビアニメを楽しむ感覚で鑑賞してください。
そうそう、エンディングのスタッフロールも、しっかり見ましょう。
テレビアニメでお馴染みの面々が登場しています。

特典といえばもうひとつ。
ガオーレディスク「キミにきめたキャップ」のピカチュウがゲットできます。
受け取りに年齢制限なし。


本記事タイトルにした「いつも いっしょに いたいから」。
このセリフ、作中での使われ方に注目です!
見逃すことはないだろうけど、お見逃しなく!


プロモーションムービー(30秒)はこちらから。
http://www.pokemon-movie.jp/


(わさび)


©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

| ポケモン MOVIE | 15:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |